働き方

どっちを選ぶ方が幸せ?やりたいこととできること

「ONE WAY」の道路標識2つ

こんにちは、池田(@ikedamakoto1218)です。

やりたいこととできることって違う人が多いのではないでしょうか?

やりたいこととできることが違う場合にどうすれば良いのか悩みますよね。

これについては、やりたいことができることの延長にあるかどうかで対応が変わってきます。

そこで今日はやりたいこととできることが違う人に向けて、僕の経験をもとにどうしたら良いかをアドバイスします。

 

やりたいことができることの延長にある場合

右手親指を立ててヒッチハイクする人の右腕

やりたいことができることの延長にある場合、できることの範囲を拡げていくことでやりたいことができるようになります。

例えば、PG(プログラマー)の人がSE(システムエンジニア)になりたいというような場合です。

PGの仕事内容は、お客様のシステムを開発、テストすることです。

SEの仕事内容は、お客様のシステムを設計(ときには開発も)することです。

同じ分野で、仕事内容もなんとなく似ていると思いませんか?

PGはSEの設計した設計書に従って、プログラムを開発します。

だから、PGが経験を積むとSEになり、仕事内容もシステムの設計が中心になります。

PGはSEと一緒に仕事をしながら、いろいろなことを学び少しずつシステムの設計に関わっていきます。

PGの延長線上にSEがあるため、今のPGとしての仕事をしっかりやっていくことでできることを拡げていけば良いです。

この場合、会社でSEの仕事があるかどうかが重要になります。

SEの仕事がなくPGの仕事しかない場合は、基本的に同業他社への転職を考えることになります。

 

やりたいことができることの延長にない場合

「STOP」と描かれた道路を歩くスーツ姿の男性

やりたいことができることの延長にない場合、やりたいことをやるためには転職を考えることになります。

この場合の転職は、職業を変える転職を考えることになります。

考え方としては、やりたいことを見つける方法で解説した内容が使えると思います。

やりたいことを見つける方法の詳細については、下記をどうぞ。

[kanren postid=”746″]

本屋に行く

やりたいことについて、本屋に行って立ち読みで良いので本を読んでみてください。

そのときにどう感じますか?

できれば気になる本を買ってみて、家で少しずつ読んでみても良いと思います。

そのときにどう感じますか?

ずっと読んでみたいと思うかもしれません。

意外とつまらなかったと思うかもしれません。

そのときに自分がどう感じるかに意識を向けてみてください。

 

死を意識する

人生には限りがあります。

やりたいことをやらずに後悔しないかどうかです。

逆にやりたいことをやってみたものの失敗するかもしれません。

僕の場合、SEから心理カウンセラーになるとき、変な話ですが失敗しても良いと思ったんです。

失敗したとしても心理学を学んだことは無駄にならないだろうと思えました。

また、SEの未来があまり明るく思えなかったこともあります。

死を意識したときに心理学を学んでから死にたいと思いました。

残りの人生でやりたいことはシステムを開発することではなく、心理学を学ぶことだと思ったんです。

死を意識することで、どうしたら良いのか見えてくることもあります。

 

どんな人になりたいか考える

SEは、おとなしくてオタクの人が多いと思っている人も多いのではないでしょうか?

実際には、そんなことはありません。

もちろん、そういう人もいますが、そうではない人も大勢います。

ただ、何て言うのでしょうか。

SEから心理カウンセラーに転職を考えていたときは、人間的に成長したいという想いが強かったんだと思います。

誤解のないように言いますが、SEにも人間的に素晴らしい人はたくさんいます(笑)。

ただ、僕の中で人間的な成長とは心の成長であり、それを学べるのが心理学だと思ったんです。

このことも心理カウンセラーを目指すきっかけになりました。

 

ブログを始めてみる

これは今振り返ってやっておけば良かったと思っていることです。

職業を変える転職に有効だと思っているんですが、職業を変えない転職にも使えると思います。

職業を変える転職って勇気が要りますよね。

転職して実際にやりたいことをやってみたものの、やってみたら違っていたなんてこともあると思います。

そんなときブログを書いてみることをおススメします。

ブログを書くことで、やりたいことについての気持ちを知ることができます。

ブログを書くことで、やりたいことについて調べるのでやりたいことについての知識が身につきます。

ブログを書くことで、やりたいことについて人とのつながりができます。

そして、やりたいことをすでにやっている人からアドバイスをもらえるかもしれません。

そして、あなたと同じようにやりたいことを目指している人からもアドバイスをもらえるかもしれません。

 

まとめ

二本の横断歩道

僕の場合、やりたいこととできることが違うとき、やりたいことを選択してきました(笑)。

高校2年の文系・理系を選択するとき、就職するときもそうです。

これらの詳細については、下記の記事をどうぞ。

[kanren postid=”372″] [kanren postid=”475″]

一番大きな選択は、SE(システムエンジニア)から心理カウンセラーに転職したときですね。

僕の場合は、できること得意なことよりもやりたいことを目指す人生だなと思っています(笑)。