働き方

羨ましい?やりたいことがありすぎる場合の解決方法

シャボン玉を作る男性

こんにちは、池田(@ikedamakoto1218)です。

やりたいことがありすぎて悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

やりたいことがない、やりたいことが分からない人から見たら羨ましい限りです。

そこで今日はやりたいことがありすぎる人に向けて、解決方法をアドバイスします。

 

やりたいことがありすぎる場合 ①優先順位をつける

メモ帳にチェックボックス付きのリスト

やりたいことがたくさんあることは良いことです。

ただし、やりたいことがあまりにも多すぎて身動きが取れない状態であれば、整理する必要があります。

つまり、やりたいことの優先順位をつける必要があります。

まずは、やりたいことをすべて紙に書きだしてください。

パソコンを使っても良いでしょう。

次に、それらについて優先順位をつけてください。

そのときに迷うものもあるかもしれません。

その場合は、とりあえずの順番で構いません。

ここでやりたいことを見つける方法で解説した内容を利用します。

やりたいことを見つける方法の詳細については、下記をどうぞ。

[kanren postid=”746″]

死を意識する

死を意識することで、死ぬまでにやりたいことが見えてきます。

同じ優先順位のものでも、どちらがよりやりたいことかが分かるのではないでしょうか?

同じ優先順位で迷ったものだけでなく、全体も見直してみてください。

 

若いうちにしかできないことを優先する

同じ優先順位で迷ったときの解決方法として、若いうちにしかできないことを優先する方法があります。

人生は一度きりであっという間です。

だったら、同じぐらいやりたいことだったら若いうちにしかできないことを優先すべきです。

 

やりたいことがありすぎる場合 ②ブログを始めてみる

コーヒーを飲みながらノートパソコンを操作する女性

やりたいことがありすぎる場合の解決方法としてブログを始めてみるという方法があります。

ただし、この方法はある程度やりたいことが絞られていた方が良いかもしれません。

僕は、以前ブログを始めるのにテーマを決める必要性について書いたことがあります。

その際、ブログテーマは3~5つくらいにしてくださいと書きました。

ブログテーマについての詳細は、下記をどうぞ。

[kanren postid=”851″]

ブログを始めるのにテーマを決めるのは、何のブログかよく分からないからです。

しかし、やりたいことがありすぎて、それを絞っていくためにブログを始めるのであれば、テーマを決めずに始めることもアリかなと思います。

そして、ブログを書いていく中で、自然と優先順位の高いものが残っていったり、あるいはどれもあまりやりたいことではなかったなど新しい発見があるかもしれません。

 

やりたいことがありすぎる場合 ③やりたいことをやってみる

カウンターで笑顔で振り返る女性

結局、これが一番大事だと思っています。

とりあえずやってみることです。

優先順位が一番のものから実際にやってみることをおススメします。

人間、実際にやってみないと分からないことも多いです。

やりたいことがすぐに体験できることであれば、アルバイト、ボランティアなどでやってみる。

あるいは、セミナーや勉強会に参加してみる。

やりたいことをやっている人をインターネットで探して話を聞きに行ってみる。

それもむずかしければ、とりあえずやりたいことに関する本を読んでみる。

そして、そのときに自分がどのように感じるのかを注意深く観察してみてください。

行動してみて初めて見えてくるものがあると思います。

そして、やってみて違うなと感じたら次のやりたいことをやってみることです。

 

まとめ

夕日を浴びる男性の後ろ姿

やりたいことがありすぎるのは、「やりたいことが分からない」「やりたいことがない」人にとっては羨ましい限りです。

どんどんやってみましょう!

[box class=”green_box” title=”まとめ”]
  • やりたいことがありすぎる場合は、優先順位を決める
  • やりたいことがありすぎる場合は、ブログを始めてみる
  • やりたいことがありすぎる場合は、やりたいことをやってみる
[/box]