公認心理師

【書評】公認心理師必携テキスト

【書評】公認心理師必携テキスト

公認心理師必携テキストってどうなの?

IKEDA
IKEDA

こういった疑問に答えるため、今日は公認心理師必携テキストについて解説します。

公認心理師必携テキストを買おうか迷っている人も多いのではないでしょうか?

実際に購入し、読んだ経験から書評を書くことにしました。

この記事を読むことで公認心理師必携テキストの書評、活用方法がわかります。

公認心理師必携テキストの書評

公認心理師必携テキストの書評

公認心理師必携テキストの目次、書評を説明します。

目次

1章 公認心理師の職責
2章 問題解決能力と生涯学習
3章 多職種連携・地域連携
4章 心理学・臨床心理学の全体像
5章 心理学における研究
6章 心理学統計法
7章 心理学に関する実験
8章 知覚および認知の心理学
9章 学習および言語の心理学
10章 感情および人格の心理学
11章 脳・神経の働き
12章 社会および家族・集団に関する心理学
13章 発達心理学
14章 障害者・障害児心理学
15章 心理的アセスメント
16章 心理に関する支援
17章 健康・医療心理学
18章 福祉心理学
19章 教育・学校心理学
20章 司法心理学(犯罪心理学を含む)
21章 産業・組織心理学
22章 人体の構造と機能および疾病
23章 精神疾患とその治療
24章 関係行政論
25章 力動論に基づく心理療法の理論と方法
26章 行動論・認知論に基づく心理療法の理論と方法
27章 心の健康教育に関する理論と実践
事例問題
付録

公認心理師必携テキスト

目次からわかるように、少し言葉は違いますが第1回公認心理師試験のブループリントに対応しています。

第1回公認心理師試験のブループリントについては【2018】第1回公認心理師試験のブループリントで解説しています。

【2018年】第1回公認心理師試験のブループリント
【2018年】第1回公認心理師試験のブループリント第1回公認心理師試験のブループリントについて知りたい人も多いのではないでしょうか?2018年の第1回公認心理師試験のブループリントを記事にしています!...

公認心理師必携テキストは第2回公認心理師試験のブループリントには完全には対応していません。

しかし、第2回公認心理師試験のブループリントのキーワードの多くが第1回公認心理師試験と被っています。

第2回公認心理師試験のブループリントについては去年との違いが分かる公認心理師のブループリントをご覧ください。

去年との違いが分かる公認心理師のブループリント
去年との違いが分かる公認心理師のブループリント第2回公認心理師試験のブループリントです!第1回から追加されたキーワード、名称が変わったもののほぼ同じものを指していると考えられるキーワードが一目で分かる形でまとめています!...

書評

次に書評です。

まず、値段は4,500円(税抜)です。

本としては高額の部類に入りますが、約600ページあるため妥当な値段だと思います。

フルカラーで見やすく、紙質もよいです。

読んでみて、読みやすいと感じました。

イメージとしては、公認心理師現任者講習会テキストに近いです。

公認心理師現任者講習会テキストについては【納得】公認心理師現任者講習会テキストはこう使うべしで解説しています。

【納得】公認心理師現任者講習会テキストはこう使うべし
【納得】公認心理師現任者講習会テキストはこう使うべし公認心理師現任者講習会テキストの内容、有効な使い方を説明してます!このテキストだけでは試験対策として全く足りませんが、有効な使い方があるので説明しています!...

そして、やはり特筆すべきは公認心理師試験出題基準(ブループリント)に対応していることです。

さらに、付録には公認心理師試験出題基準(平成30年版)対照表があり、公認心理師試験出題基準の各キーワードに対応するページ番号が記載されています。

また、事例問題も記載されています。

保健医療分野、福祉分野、教育分野、司法・犯罪分野、産業・労働分野、心理支援が必要な身体の疾病、心理的アセスメント、力動論とそれに基づく心理療法からそれぞれ2問ずつ、計18問が記載されています。

何よりも公認心理師試験出題基準(ブループリント)に対応しているテキストということで、購入する価値があります。

公認心理師必携テキストの活用方法

公認心理師必携テキストの活用方法

公認心理師必携テキストの試験対策としての活用方法について説明します。

試験の全体を把握する

公認心理師必携テキストを読むことで、公認心理師試験の全体を把握することができます。

そのため、とりあえず全体を読んでみることをおススメします。

読むことで、過去にインプットしたことがある知識を思い出すことができます。

また、自分にどんな知識が不足しているかを知ることができます。

知識をインプットする

公認心理師必携テキストを使って、公認心理師試験に必要な知識をインプットすることができます。

公認心理師の試験対策については【決定】公認心理師の試験対策はこうすべしで解説しています。

【決定】公認心理師の試験対策はこうすべし
【決定】公認心理師の試験対策はこうすべし公認心理師試験に合格するための試験対策、試験問題の解き方、試験を受ける時期について説明しています!公認心理師試験合格者が語る公認心理師の試験対策です!...

公認心理師必携テキストは公認心理師試験出題基準(ブループリント)に対応した素晴らしいテキストですが、内容が足りない部分もあります。

例えば、基礎心理学の記憶について系列位置効果(初頭効果、新近効果)の説明がありません。

心理検査についても試験対策としては数が足りていません。

心理療法については力動論(25章:力動論に基づく心理療法の理論と方法)と行動論・認知論(26章:行動論・認知論に基づく心理療法の理論と方法)についてはそれぞれ1章を割いていますが、クライエント中心療法(来談者中心療法)についての章がなく内容も不足しています。

内容が足りない部分については、他の参考書などで補う必要があります。

出題基準に沿って辞書的に使う

公認心理師試験の勉強が進むにしたがって、知識が足りない部分を調べる機会が出てくると思います。

そんなときに便利なのが、付録の公認心理師試験出題基準(平成30年版)対照表です。

公認心理師試験出題基準(ブループリント)の各キーワードに対応するページ番号が記載されているので、すぐに調べることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

公認心理師必携テキストの書評、活用方法を説明しました。

試験出題基準に対応しているテキストとして、買う価値がある良書です。

公認心理師必携テキスト

公認心理師必携テキストの書評

  • 第1回公認心理師試験出題基準(ブループリント)に対応していて、買う価値あり

公認心理師必携テキストの活用方法

  • 試験の全体を把握する
  • 知識をインプットする
  • 出題基準に沿って辞書的に使う
【決定】公認心理師の試験対策はこうすべし
【決定】公認心理師の試験対策はこうすべし公認心理師試験に合格するための試験対策、試験問題の解き方、試験を受ける時期について説明しています!公認心理師試験合格者が語る公認心理師の試験対策です!...