公認心理師

【公認心理師の試験問題】入手先と1番有効な活用方法を解説

【公認心理師の試験問題】入手先と1番有効な活用方法を解説
受験生
受験生

公認心理師試験ってどんな問題が出たんだろう?…2018年に行われた第1回公認心理師試験の試験問題を入手したい!…さらに、これから公認心理師試験を受ける人に向けて試験問題をどう活用すれば良いのかをアドバイスしてほしい!

IKEDA
IKEDA

こういった要望に答えるため、今回は公認心理師の試験問題について解説します。

公認心理師試験の試験問題を見てみたい人も多いのではないでしょうか?

実際に試験問題を見ることはこれから受験する人にとって参考になりますよね。

そこで今回は公認心理師の試験問題の入手方法、さらに第2回以降試験を向ける人に向けてのアドバイスを話します。

記事の信頼性の担保として、私は第1回公認心理師試験から試験対策講座を開講しており、公認心理師試験にも合格しています。

公認心理師の試験問題の入手方法

公認心理師の試験問題の入手方法

日本心理研修センター

公認心理師の試験問題は日本心理研修センターのホームページに掲載されており、誰でもダウンロードして印刷することができます。

 

下記のリンクから第1回公認心理師試験(平成30年9月9日実施分)の試験問題のページに行けます。

また、下記のリンクから第1回公認心理師試験(平成30年12月16日実施分)の試験問題のページに行けます。

 

受験者数、合格者数、合格率、区分別の合格率なども公表されています。

公認心理師試験の合格率については【公認心理師の合格率】今後は下がり続けるという話【予想】で詳しく解説しています。

【公認心理師の合格率】今後は下がり続けるという話【予想】
【公認心理師の合格率】今後は下がり続けるという話【予測】 公認心理師の合格率について知りたいと思っている人も多いのではないでしょうか? また、今後の合格率がどうなっていくの...

その他

日本心理研修センターのホームページでは試験問題だけでなく、正答も掲載されています。

 

しかし、なぜこの選択肢が正答なのかという解説はありません。

おそらく今後、書籍などで解説付き過去問題として発売されると思いますので、それを待つことになります。

公認心理師の試験問題の活用方法

公認心理師の試験問題の活用方法

現在の実力を把握する

試験問題の有効な活用方法として、現在の実力を把握するのに使うことができます。

 

たとえば、これから公認心理師試験の勉強をはじめる前に自分の実力を把握することができます。

他には、公認心理師試験の勉強がひと通り終わった後に解けば、自分の実力がどの程度なのかを知ることができます。

試験勉強をはじめる前と終わった後の両方実施すれば、得点差が自分が成長した度合いになります。

一度解いたことがあるという記憶の影響も無視できませんが…(^^;

 

このときに、せっかく実際の試験問題を解くので時間を測ってやると良いですね。

試験時間が足りるかどうかの目安になります。

公認心理師試験については、時間が足りないということはありませんでした。

試験時間を含め試験の感想については【公認心理師試験の感想】第2回以降受験する人へのアドバイス付きで解説しています。

【公認心理師試験の感想】第2回以降受験する人へのアドバイス付き
【公認心理師試験の感想】第2回以降受験する人へのアドバイス付き 公認心理師試験を受験した人に感想を聞きたい人も多いのではないでしょうか? 実際に受験した人の感想はこれから受験する...

苦手分野を把握する

公認心理師の活躍分野として、保健医療、福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働の5分野を想定しています。

実際の試験でもこの5分野について出題がありました。

普段自分が携わっている分野では得点しやすいかもしれませんが、それ以外の分野については知らないことも多いと思います。

そのため、試験問題を解くことで自分の苦手分野を知ることができます。

 

また、試験問題を解くことで苦手な問題の種類を把握することもできます。

試験問題は、一般問題と事例問題に分けることができます。

そのため、自分が一般問題が苦手なのか、事例問題が苦手なのかを把握することもできます。

間違ったところや解答理由を説明できないところ、周辺知識を調べてインプットする

間違ったところは知識が足りないところであったり、勘違いしているところです。

 

そのため、間違ったところは本やインターネットで調べて知識を補充しましょう。

 

また、正解を選択できた問題についてもなぜその選択肢が正しいのか、他の選択肢はどういう理由で正しくないのかを説明できることが大事です。

当たり前ですが、5択問題の場合は適当に選択しても20%の確率で当たります。

しかし、それはたまたまであり実力ではないですよね。

 

すべての選択の理由を説明できることが重要です。

そして、あわせて周辺知識もインプットしましょう。

周辺知識を勉強することの重要性については【公認心理師試験の感想】第2回以降受験する人へのアドバイス付きで解説しています。

【公認心理師試験の感想】第2回以降受験する人へのアドバイス付き
【公認心理師試験の感想】第2回以降受験する人へのアドバイス付き 公認心理師試験を受験した人に感想を聞きたい人も多いのではないでしょうか? 実際に受験した人の感想はこれから受験する...

まとめ

今回は公認心理師の試験問題の入手方法、試験問題の有効な活用方法を解説しました。

公認心理師の試験問題について

公認心理師の試験問題

  • 日本心理研修センターのホームページから入手できる(正答はあるが解説はなし)
  • 解説がほしい場合は解説付きの書籍の発売が待つべし

 

試験問題の有効な活用方法

  • 現在の実力を把握する
  • 苦手分野を把握する
  • 間違ったところや回答理由を説明できないところを中心に周辺知識もインプットする
【公認心理師の試験対策】最小の努力で合格する方法
【公認心理師の試験対策】最小の努力で合格する方法 公認心理師の試験対策について知りたい人も多いのではないでしょうか? なるべく効率良く試験対策をしたいですよね。 ...