公認心理師

【公認心理師の試験対策】最小の努力で合格する方法

【公認心理師の試験対策】最小の努力で合格する方法
公認心理師受験者
公認心理師受験者

公認心理師の試験対策って何をするのが1番良いんだろう?…公認心理師の試験対策について知りたい…できれば第1回公認心理師試験を受験した人に、実際に役立った試験対策を教えてほしい。

IKEDA
IKEDA

こういった疑問に答えるため、今回は公認心理師の試験対策について解説します。

公認心理師の試験対策について知りたい人も多いのではないでしょうか?

なるべく効率良く試験対策をしたいですよね。

そこで公認心理師試験対策講座を開講し実際に公認心理師試験にも合格した経験から、公認心理師試験の試験対策としてテキスト、問題集、勉強方法などすべてを解説します。

第1回公認心理師試験

第1回公認心理師試験

試験対策をするには、まず試験そのものを知る必要があります。

そこで、公認心理師の試験対策を考える前に、第1回公認心理師試験について整理します。

実施方法 : 4択または5択の全問マークシート方式

試験時間 : 240分

問題数  : 154問(一般問題116問、事例問題38問)

配点   : 一般問題1点、事例問題3点

一般問題は1問当たり1分、事例問題は3分を目安

公認心理師としての基本的姿勢を含む基本的能力を主題とする問題と、それ以外の問題を出題

 

公認心理師試験の詳細については【公認心理師試験】分かりやすく解説!今後についても言及で解説しています。

【公認心理師試験】分かりやすく解説!試験の今後についても言及
【公認心理師試験】分かりやすく解説!試験の今後についても言及 公認心理師試験がどんな試験なのか知りたい人も多いのではないでしょうか? また、合格できる可能性があれば受けてみたい...

公認心理師の試験対策

公認心理師の試験対策

さっそく、公認心理師の試験対策について順番に話します。

本を用意する

まずは、公認心理師の試験対策として勉強する本を用意しましょう。

公認心理師のテキストと問題集が必要です。

 

公認心理師のテキストについては【公認心理師のテキスト】実際に試験に役立ったテキストだけを紹介で詳しく解説しています。

【公認心理師のテキスト】実際に試験に役立ったテキストだけを紹介
【公認心理師のテキスト】実際に試験に役立ったテキストだけを紹介 公認心理師のテキストについておススメを知りたい人も多いのではないでしょうか? なるべく効率良く試験に出るところを網...

 

公認心理師の問題集については【公認心理師の問題集】実際に試験に役立った問題集だけを紹介で詳しく解説しています。

【公認心理師の問題集】実際に試験に役立った問題集だけを紹介
【公認心理師の問題集】実際に試験に役立った問題集だけを紹介 公認心理師の問題集についておススメを知りたい人も多いのではないでしょうか? なるべく効率良く試験に出るところを網羅...

知識をインプットする

本を用意したら、次は知識をインプットします。

 

具体的な方法は【公認心理師の勉強方法】3ステップで完成!独学につても言及で詳しく解説しています。

【公認心理師の勉強方法】3ステップで完成!独学についても言及
【公認心理師の勉強方法】3ステップで完成!独学についても言及 公認心理師試験についておススメの勉強方法を知りたい人も多いのではないでしょうか? なるべく効率良く勉強したいですよ...

過去問題を解く

知識のインプットが終わったら、実際の試験問題を解いてみましょう。

 

公認心理師の過去問題の入手方法については【公認心理師の試験問題】入手先と1番有効な活用方法を解説をご覧ください。

【公認心理師の試験問題】入手先と1番有効な活用方法を解説
【公認心理師の試験問題】入手先と1番有効な活用方法を解説 公認心理師試験の試験問題を見てみたい人も多いのではないでしょうか? 実際に試験問題を見ることはこれから受験する人に...

 

過去問題は公認心理師の過去問題だけではなく、臨床心理士の過去問題にも取り組みましょう。

模擬試験を受ける

ここまで終わったら、試験前に模擬試験を受けてみましょう。

実際に本試験を想定して公認心理師試験と同じ時刻に開始、終了することもできますね。

試験問題の解き方

試験問題の解き方

次は、公認心理師の試験対策として問題の解き方を話します。

最初から解いていく

公認心理師試験の配点を見ると一般問題は1問1点、事例問題は1問3点となっています。

そして、問1から問58までが一般問題、問59から問77までが事例問題でした。

 

第1回公認心理師試験の問題配置

問1~問58 :一般問題(配点1点)

問59~問77  :事例問題(配点3点)

これを見ると、問題を最後から解いていった方が良いのではないかと思う人もいるのではないでしょうか?

そういう解き方もアリだと思います。

 

ただ、おススメは通常通り最初から解いていく方法です。

理由としては、一般問題は問題文が短く選択肢の文章も短いため解きやすいからです。

また、何よりも一般問題は答えが1つに定まりやすいからです。

このことから脳のウォーミングアップにちょうど良いです。

 

逆に事例問題から解いていくと、選択肢に迷うことも多いでしょう。

その場合、どんどん時間が経過していって焦りにも繋がります。

一般問題から解いていけば、時間を使わずに問題を解いていけるためリズムにも乗りやすいです。

 

ちなみに、過去問題を見てもらえばわかりますが、公認心理師試験は臨床心理士試験に比べ時間に余裕があります。

臨床心理士試験の事例問題は説明文が長く、回答の選択肢に到達するまでに時間がかかる問題もあります。

たとえば、ロールシャッハテストのスコアの一覧などが掲載され、問題分だけで複数ページを読ませるような問題が出題されます。

しかし、公認心理師試験の問題はすべて日本語の文章のみで、しかも長い文章はありません。

もちろん、問題を解くスピードは人によりますが、臨床心理士試験に比べるとはるかに時間に余裕があります。

つまり、基本的に時間が足りなくなることはありません。

そのため、事例問題から解いていくことも可能です。

 

しかし、時間に余裕があるにもかかわらず気持ちが焦ることを避ける意味でも最初から解いていくことをおススメします。

わからなかった問題や見直しの優先順位

試験問題にはわからなくて飛ばした問題があるかもしれません。

また、ひと通り回答が終わったら見直しをする人も多いでしょう。

そのときは次の優先順位でやるべきです。

飛ばした問題や見直しの優先順位
  1. 事例問題
  2. 1問1回答の一般問題
  3. 1問2回答の一般問題

理由は、事例問題が1問3点の配点だからです。

次に優先させるのは、1問1回答の一般問題です。

なぜなら、1問2回答の一般問題は答えが2つとも正解の場合に1点がもらえるからです。

つまり、2つとも正解しなければ、1つだけ正解であっても0点になります。

 

そう考えると、1番優先させるべきは事例問題、次は1問1回答の問題、最後に1問2回答の問題の順番になります。

公認心理師試験を受験する時期

公認心理師試験を受験する時期

最後に、公認心理師試験を受験する時期について話しておきます。

とにかく早い方が良い

結論としては、受験時期はとにかく早い方が良いです。

第1回公認心理師試験の合格率の高さを見て、試験を見送ったことを後悔している人もいるのではないでしょうか?

第1回公認心理師試験の合格率は79.6%でした。

そして、今後は下がり続けると考えています。

 

理由としては、臨床心理士試験の合格率が参考になります。

1988年の第1回試験からの2017年第28回試験までの合格率は下記の通りです。

臨床心理士試験の推移

第1回が軒並み高いですよね(^^;

その後、合格率は下がり続けて60%前後となっています。

 

もう1つ別の例として、精神保健福祉士が参考になります。

臨床心理士は民間資格ですが、精神保健福祉士は公認心理師と同じ厚生労働省が管轄する国家資格です(ちなみに公認心理師は厚生労働省と文部科学省の共同管轄)。

1999年の第1回試験からの2018年第20回試験までの合格率は下記の通りです。

精神保健福祉士試験の推移

こちらも、第1回が軒並み高いですよね(^^;

その後、合格率は下がり続けて60%前後となっています。

 

つまり、早く受験した方が合格しやすいということです。

第1回公認心理師試験の合格率と今後の予測については【公認心理師試験の合格率】今後は下がり続けるという話で詳しく解説しています。

【公認心理師の合格率】今後は下がり続けるという話【予想】
【公認心理師の合格率】今後は下がり続けるという話【予測】 公認心理師の合格率について知りたいと思っている人も多いのではないでしょうか? また、今後の合格率がどうなっていくの...

経過措置がなくなる4年後のプレッシャーはかなりキツイはず

2018年に第1回公認心理師試験が行われましたが、現在は経過措置期間です。

経過措置期間は、2018年から2022年までの5年間です。

 

そして、現任者が区分Gで受験できるのは2022年までです。

 

受験資格の詳細については【公認心理師の受験資格】特例措置がある今が受験のチャンスで解説してます。

【公認心理師の受験資格】特例措置がある今が受験のチャンス
【公認心理師の受験資格】特例措置がある今が受験のチャンス 自分に公認心理師の受験資格があるか知りたい人も多いのではないでしょうか? 公認心理師の受験資格については受験資格の...

 

2022年に試験を受ける人がどんな気持ちなのか、想像してみてください。

この試験に不合格となったら、一生、公認心理師資格を取得することはできません。

そのときのプレッシャーは相当なものだと思われます。

それだったら、早めに受験して合格しておいた方が良いですよね。

仮に落ちたとしても、試験に慣れることができます。

まとめ

今回は公認心理師の試験対策、試験問題の解き方、公認心理師を受験する時期まで盛りだくさんの内容だったのではないでしょうか?

最後に注意点として、この試験対策はあくまでも第1回公認心理師試験を分析した上での試験対策となります。

公認心理師の試験対策について

公認心理師の試験対策

  1. 本を用意する
  2. 知識をインプットする
  3. 過去問題を解く
  4. 模擬試験を受ける

 

試験問題の解き方

  • 最初から解いていく
  • わからなかった問題や見直しの優先順位は、①事例問題 ②1問1回答の一般問題 ③1問2回答の一般問題

 

公認心理師試験を受験する時期

  • 第1回試験が合格率が高く徐々に下がっていくのでとにかく早い方が良い
  • 経過措置がなくなる4年後のプレッシャーはかなりキツイはずなので早い方が良い
【公認心理師の勉強方法】3ステップで完成!独学についても言及
【公認心理師の勉強方法】3ステップで完成!独学についても言及 公認心理師試験についておススメの勉強方法を知りたい人も多いのではないでしょうか? なるべく効率良く勉強したいですよ...