公認心理師

【公認心理師の将来性】きっと未来はこうなる【予見】

【公認心理師の将来性】きっと未来はこうなる【予見】

公認心理師を目指すべきか悩むなぁ…公認心理師の将来性ってどうなんだろう?…もっと言うと公認心理師になった場合に活躍する場所ってどんなところがあるんだろう?

IKEDA
IKEDA

こういった疑問に答えるため、今日は公認心理師の将来性についてお答えします。

公認心理師の将来性について疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

公認心理師に将来性があるのなら、目指してみたいと思う人もいるかもしれませんね。

そこで公認心理師試験対策講座を開講し実際に公認心理師試験に合格した経験から、公認心理師の将来性、活躍の場について解説します。

公認心理師に将来性があるという根拠

公認心理師に将来性があるという根拠

結論から言うと、公認心理師には将来性があります。

その根拠を話します。

心理職初の国家資格

公認心理師は、日本初の心理職の国家資格です。

公認心理師については心理職初の国家資格「公認心理師」とは?で解説しています。

心理職初の国家資格「公認心理師」とは?
心理職初の国家資格「公認心理師」とは? 最近、よく耳にする公認心理師とは何なのか知りたい人も多いのではないでしょうか? また、なぜ今公認心理師が注目されて...

 

民間資格ではなく、国家資格ということで一定の信頼を得ることができるでしょう。

 

考えてみてください。

心理カウンセラーが2人いて1人は国家資格である公認心理師資格を持つカウンセラー、もう1人はあまり聞いたことのない民間資格を持つカウンセラーだった場合、あなたはどちらのカウンセリングを受けたいと思いますか?

国家資格を持つカウンセラーのカウンセリングを受けたいと思う人が、圧倒的に多いはずです。

診療報酬の対象となる

これは保健医療分野に関係する話ですが、公認心理師の業務の一部が診療報酬の対象となります。

公認心理師の診療報酬については【公認心理師の診療報酬】平成30年度以降どうなるかを予測してみた件で解説しています。

黄色い救急車のミニカー
【公認心理師の診療報酬】平成30年度以降どうなるかを予測してみた件 公認心理師ができると診療報酬がどうなるのか不安に思っている人も多いのではないでしょうか? すでに有識者によって、平...

現在は公認心理師以外にも診療報酬を認めていますが、いずれ公認心理師のみに統一されるでしょう。

 

公認心理師の業務の一部が診療報酬の対象となるということは、今後、病院などで公認心理師のニーズが高まるということです。

あらゆる分野で求められる

公認心理師の活躍が期待される分野として、先ほど挙げた保健医療分野以外に福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働などがあります。

まず、診療報酬の関係から保健医療分野で公認心理師が求められるようになるでしょう。

それから、スクールカウンセラーなどの教育分野でも公認心理師が求めらえるようになるでしょう。

保健医療分野や教育分野からはじまり、徐々に社会的に認識されていくと思われます。

 

そうなっていくと、世間でカウンセラーと言えば公認心理師というように思われ、保健医療や教育以外の分野でも公認心理師が求められるようになっていくと思われます。

公認心理師の活躍の場

公認心理師の活躍の場

ここでは、公認心理師の活躍の場について話します。

病院

先ほど話したように病院やクリニックなどの保健医療分野では、公認心理師資格を持っていることが採用の条件となります。

 

そのため、病院やクリニックで勤務する場合、公認心理師資格を持っていることは必須条件になります。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーは、公認心理師資格を持っていることが採用の条件となります。

また、その他の公的機関でも公認心理師資格を持っていることが採用の条件になるでしょう。

 

そのため、スクールカウンセラーなどの公的機関で働く場合、公認心理師資格を持っていることは必須条件になります。

その他の分野

先ほど話したように、最初に公認心理師資格が求められるのは病院や公的機関でしょう。

しかし、そこから社会的に公認心理師資格が認識されていくと、他の分野でも公認心理師資格を持っている人が求められるようになります。

 

そのため、将来的にはあらゆる分野で公認心理師資格を持っていないと採用や転職の際に不利になるでしょう。

開業

社会的に認識されれば、クライエントはカウンセラーを選ぶ際にも公認心理師資格を持っているカウンセラーのところに行きます。

 

そのため、開業しているカウンセラーも公認心理師資格を持っていることが求められます。

ただし、最も信頼されるのは臨床心理士とのダブルライセンス

ここまで公認心理師の活躍の場について解説しました。

多くの分野で、公認心理師資格を持っていることが求められるでしょう。

 

一方、現在は受験資格に特例措置が取られている移行期間中です。

公認心理師の受験資格については【公認心理師の受験資格】特例措置がある今が受験のチャンスで解説しています。

【公認心理師の受験資格】特例措置がある今が受験のチャンス
【公認心理師の受験資格】特例措置がある今が受験のチャンス 自分に公認心理師の受験資格があるか知りたい人も多いのではないでしょうか? 公認心理師の受験資格については受験資格の...

 

また、第1回公認心理師試験の難易度は決して高いとは言えません。

公認心理師の難易度については【公認心理師の難易度】合格する可能性を知る1番確実な方法で解説しています。

【公認心理師の難易度】合格する可能性を知る1番確実な方法
【公認心理師の難易度】合格する可能性を知る1番確実な方法 公認心理師の難易度について知りたいと思っている人も多いのではないでしょうか? また、難易度から自分の合格可能性を知...

 

心理職の資格として臨床心理士を知っている人も多いのではないでしょうか?

公認心理師の質が担保できず社会的にイメージがあまり良くない場合、相対的に臨床心理士の価値が上がることも考えられます。

臨床心理士については【公認心理師と臨床心理士】違いを解説!今後についても言及をご覧ください。

【公認心理師と臨床心理士】違いを解説!今後についても言及
【公認心理師と臨床心理士】違いを解説!今後についても言及 公認心理師試験と臨床心理士の違いを知りたい人も多いのではないでしょうか? 公認心理師と臨床心理士の今後について知り...

 

しばらくの間、心理職は公認心理師資格を持っていることは最低条件となり、公認心理師資格に加え臨床心理士資格も持っているダブルライセンスの人が最も信頼されるでしょう。

 

ただし、移行期間が終わる2023年からは公認心理師になるメインルート(区分A)は、大学卒業に加え大学院修了が条件となります。

現行のままだと臨床心理士は、大学院修了が条件となります。

 

2023年時点で公認心理師の評価がどうなっているかが重要です。

公認心理師の評価が高ければ、公認心理師が最も信頼されるでしょう。

しかし、移行期間中にあまりにも多くの公認心理師が誕生し、十分な知識やスキルを持っていない人が公認心理師になっている場合は、少数精鋭の臨床心理士の方が信頼されているかもしれません。

ただ、その場合も公認心理師資格に加え臨床心理士資格も持っているダブルライセンスの人が最も信頼されるのは変わりないかと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

公認心理師の将来性、活躍の場について解説しました。

今後もどうなるのか目が離せませんね。

公認心理師の将来性について

公認心理師には将来性がある

 

公認心理師の将来性があるという根拠

  • 心理職初の国家資格
  • 診療報酬の対象となる
  • あらゆる分野で求められる

 

公認心理師の活躍の場

  • 病院
  • スクールカウンセラー
  • その他の分野
  • 開業
  • ただし、最も信頼されるのは臨床心理士とのダブルライセンス
【公認心理師と臨床心理士】違いを解説!今後についても言及
【公認心理師と臨床心理士】違いを解説!今後についても言及 公認心理師試験と臨床心理士の違いを知りたい人も多いのではないでしょうか? 公認心理師と臨床心理士の今後について知り...