働き方

やりたいことを見つける方法

青空の下道路上でジャンプする男性

こんにちは、池田(@ikedamakoto1218)です。

やりたいことが分からない、やりたいことがないと思っている人は多いのではないでしょうか?

僕も自分のやりたいことって一体何なんだろうとかなり悩んだ経験があります。

そこで今日はやりたいことを探している人に向けて、僕の経験をもとにやりたいことを見つける具体的な方法をアドバイスします。

 

やりたいことを見つける方法 ①親の期待を捨てる

赤ん坊を抱く仮面の女性

正確にはやりたいことを見つける方法ではないのですが、やりたいことを見つける方法の1つ目は、親の期待を捨てることです。

なぜなら、親の期待することを本人がやりたいことと思っている場合があるからです。

親は、子どもに勉強ができて、運動もできてみたいなことを期待します。

具体的にはテストの成績が1番で、運動会のかけっこでも1番を取ることを望んだりします。

そして、子どもは親の期待に応えようと必死に頑張ります。

子どもは親の保護無しには生きられないことを知っています。

そして親に好かれるため、親の期待に応えようとします。

これは、あまり良いこととは言えないのですが・・・

そんな親はときに自分の夢や期待を子どもに託したりします。

そうすると子どもは、親の夢や期待を自分の夢と思うことになります。

僕の場合もそうでした。

僕は小学生の時に父親に将来の夢を聞かれたことがあります。

特になかったので、「特にない」というような返事をしました。

すると父親は「医者とか良いんじゃないか?」と言いました。

小学生の僕にとって、医者は注射をする恐怖の対象であり、病院は行きたくない場所でした。

しかし、この言葉は僕の心に残ることになります。

この場合、このまま親の期待を背負って、それを自分のやりたいことと思ってしまう可能性があります。

やりたいことが決まっている場合は、なぜそれをやりたいのか、きっかけを考えてみるのも良いかもしれません。

 

やりたいことを見つける方法 ②本屋に行く

本棚の本

やりたいことを見つける方法として2つ目は、本屋に行くことです。

この方法は、大学進学を考えている高校生や就職を考えている大学生にも有効な方法です。

本屋にはさまざまな分野の本があります。

その中でいつも自分がよく行くコーナーはありませんか?

それはあなたが興味を持っているもので、やりたいことになる可能性があります。

僕の場合は、ずっと心理学や自己啓発のコーナーでした。

コンピューター関係の本を読みたいとは思わず、SE(システムエンジニア)になってもそのコーナーには行きませんでした。

また、さっき述べた医者についても医学書を見ましたが、あまり興味がわきませんでした。

本屋で自然と行くコーナーは、自分が興味を持っているものであり、やりたいことかもしれません。

 

やりたいことを見つける方法 ③死を意識する

多くの十字架の墓

やりたいことを見つける方法として3つ目は、死を意識することです。

この方法は高校生とか大学生とかだとあまり有効ではないかもしれませんが、社会人とかある程度の年齢になると非常に有効な方法です。

人生には限りがあります。

今この瞬間、ブログを読んでくれているあなたも私も死に向かっています。

あなたと私だけではありません。

世界中の人が死に向かっています。

そう考えると、残りの人生でやりたいことが見えてきませんか?

僕の場合、いつからかテレビで有名人が亡くなったニュースを見るたびに死を意識するようになりました。

有名人が享年〇歳と放送されると、その有名人の享年(〇歳)と自分の年齢を引きます。

そして、残りの人生があとそれだけだったらと考えるようになったんです。

毎年多くの人が亡くなるので、そのニュースを見るたびにこれをやる癖がついてしまいました。

あと他には、多くの人が感じているんじゃないかと思いますが、誕生日ですね。

今は人生80年と言われていますから、自分の寿命を80歳と仮定します。

80から誕生日を迎えた自分の年齢を引きます。

そして、自分の残りの人生があとそれだけだったらと考えるんです。

同じことを年末にも考えますね。

年末になって、今年も1年が終わろうとしているときに、今年もあっという間だったなと思います。

そのときにあと何回これを繰り返すんだろうと考えることがあります。

このときに焦ります。

しかも年々、時間が進むスピードが速くなっているなと感じます。

だから、ますます焦ります。

このとき、自分のやりたいことをやらないと死ねないという気持ちになります。

死を考えることで、自分のやりたいことが見えてきます。

 

やりたいことを見つける方法 ④どんな人になりたいか考える

木の上で仰向けに寝そべる男性

自分のやりたいことを見つける方法の4つ目は、どんな人になりたいかを考えることです。

このときに重要なことは、その人の持っているものを考えないことです。

具体的には、その人が持っている収入、社会的地位、名誉などを考えないということです。

僕の場合、心理カウンセラーと①で話した医師で迷いました。

僕は人の心に興味があったので、医師は精神科医しか興味がありませんでした。

心理カウンセラーと精神科医を比べて見るとかなり違います。

収入、社会的地位、名誉などすべて精神科医が上です。

心理カウンセラーを目指す前に心理カウンセラーの人と話をする機会がありました。

一人の人間として、とても魅力を感じました。

心理カウンセラーと精神科医の収入、社会的地位、名誉がすべて同じだったら、心理カウンセラーになりたいと思いました。

また、調べると精神科医の仕事内容が薬を出すだけであるというのも気になりました。

僕が精神科医に惹かれたのは、①の親の期待が自分の中にずっと残っていたことと収入、社会的地位、名誉などがあったからだと思います。

僕のようにやりたいことが絞られて迷った場合に、どんな人になりたいかを考えるのは有効です。

 

やりたいことを見つける方法 ⑤やりたいことはいくつもあって良いと考える

青空に多くの風船

やりたいことを見つける方法の5つ目は、やりたいことはいくつもあっていいと思うことです。

僕自身にも言えることなんですが、日本人はなんか真面目に考えすぎのような気がします。

一度やりたいと決心したことは、あきらめずにやり遂げないといけないと思ってたり、途中で変更しちゃダメだと思っている人がいます。

僕は、もっと気楽に考えても良いんじゃないかって思うんですよ。

とりあえずやってみる。

なんか違うと感じる。

他のやりたいことをやる、あるいは探す。

この繰り返しで良いんじゃないかと思うんです。

なんか、あまりにも真面目に考えすぎていて動けなくなっている人も多い気がする。

自分の好きなことや興味があることが、やりたいことにつながると思う。

あまりに真面目に考えすぎると、頭からそれらを否定して考えることになる気がする。

だから、もっと気楽に考えることも大事だと思う。

 

やりたいことを見つける方法 ⑥ブログを始めてみる

パソコンとコップに活けられた植物

やりたいことを見つける方法の6つ目は、ブログを始めることです。

意外だと思う人もいるかもしれませんね。

もしあなたがブログを書くとしたら、自分が好きなことや興味があることについて書きますよね?

ブログを書くためには、いろいろ調べたりする必要があるし、書くネタについてもネタ切れしないようにする必要があります。

自分が好きでもないこと、興味がないことだとブログを書き続けることができません。

ブログを始めることで、やりたいことを見つけることができる可能性があります。

また、自分がやりたいことなのか気持ちを確かめることができます。

やりたいこととその周辺について調べることになるので、新たな気づきを得ることができます。

自分と同じようにやりたいことについて関心を持つ人とのつながりができます。

ブログを始めることは、やりたいことを見つけるのに有効です。

 

まとめ

夕暮れの中でジャンプする女性 [box class=”green_box” title=”まとめ”]
  • やりたいことを見つけるには、親の期待を捨てる
  • やりたいことを見つけるには、本屋に行く
  • やりたいことを見つけるには、死を意識する
  • やりたいことを見つけるには、どんな人になりたいか考える
  • やりたいことを見つけるには、やりたいことはいくつもあって良いと考える
  • やりたいことを見つけるには、ブログを始めてみる
[/box]