公認心理師

【公認心理師とは?】心理職初の国家資格をご紹介します

【公認心理師とは?】心理職初の国家資格をご紹介します

公認心理師とは何なのかを知りたい!…少し前にできた資格みたいだけど、具体的にどういう仕事をする人のことなんだろう?…最近よく耳にするので、公認心理師について教えてほしい!

IKEDA
IKEDA

こういった疑問に答えるため、今日は公認心理師とは何なのか解説します。

最近、よく耳にする公認心理師とは何なのか知りたい人も多いのではないでしょうか?

また、なぜ今公認心理師が注目されているのか気になる人もいるかもしれません。

そこで公認心理師とは何なのか、業務内容などを解説します。

公認心理師とは

公認心理師とは

公認心理師とは何なのか、公認心理師ができるまでの経緯を解説します。

公認心理師法の成立

平成27年9月9日に公認心理師法が成立、平成29年9月15日に施行されました。

公認心理師法の成立、施行により日本初の心理職の国家資格として公認心理師制度が推進されることになりました。

その後、平成30年9月9日に第1回公認心理師試験が実施されました。

試験の詳細については第1回公認心理師試験と今後について解説【変更すべき】で解説しています。

第1回公認心理師試験と今後について解説【変更すべき】
第1回公認心理師試験と今後について解説【変更すべき】第1回公認心理師試験の概要、さらに公認心理師試験が今後どうなっていくのかを説明しています!これから公認心理師試験を受験しようと思っている人に参考にしてもらえれば嬉しいです!...

公認心理師の業務内容

では、公認心理師とはどのようなことを行う人なのでしょうか?

厚生労働省のホームページに公認心理師の業務について記載されています。

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保険医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。
(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

厚生労働省:公認心理師

この業務内容は、臨床心理士と被る部分と被らない部分があります。

公認心理師と臨床心理士との業務内容の違いについては【結論】公認心理師と臨床心理士のどちらを目指すべきかお答えしますで解説しています。

【結論】公認心理師と臨床心理士のどちらを目指すべきかお答えします
【結論】公認心理師と臨床心理士のどちらを目指すべきかお答えします公認心理師と臨床心理士の業務内容の違い、なるまでの道のりについて解説しています!また、公認心理師と臨床心理士の今後についても解説しています!...

公認心理師ができるまで

実は心理職の国家資格化が実現するには、かなり時間がかかりました。

うつ病などの心の病にかかる人が増え、心理職の国家資格化は国会で何度も議論されていました。

しかし、その度に話が流れていました。

その理由の1つに、医師の指示という問題がありました。

具体的には、心理職が医師からの指示を受けるかどうかという問題です。

心理職というと、多くの人が臨床心理士を想像するのではないでしょうか?

臨床心理士を国家資格だと思っている人もいますが、民間資格です。

臨床心理士になるには臨床心理士指定大学院を修了する必要があり、心理職では最も有名な資格です。

心理の世界では最も有名で歴史もあるため、臨床心理士が国家資格になる動きがありました。

私自身、臨床心理士が国家資格になるのだろうと考えていました。

そして、臨床心理士は医師の指示を受ける必要がありません。

一方、心理職の国家資格を創設するにあたって医師の指示を受けるべきだという意見がありました。

臨床心理士を認定する日本臨床心理士資格認定協会などは、各分野共通で医師とは連携し、医療機関内のみ医師から指示を受けることを主張していました。

それに対して精神科医系団体、厚生労働省、文部科学省は医療以外の全分野で主治医がいる場合に限り医師の指示を受けることを主張していました。

このため、なかなか臨床心理士の国家資格化の話がまとまらなかったという経緯があります。

そして、結局どうなったのかというと下記の通りになりました。

公認心理師は、その業務を行うに当たって心理に関する支援を要する者に当該支援に係る主治の医師があるときは、その指示を受けなければならない。

厚生労働省:公認心理師法(平成27年法律第68号)

つまり、公認心理師は医師の指示を受けることになります。

しかし、この医師の指示について具体的には何も決まっていません。

今後も議論が続くでしょう。

まとめ

今回は公認心理師法の成立、公認心理師の業務内容、公認心理師ができるまでの経緯について解説しました。

心理職の国家資格化は、多くの心理職が望んでいたものです。

今後も心理業界において、公認心理師制度が及ぼす影響は大きいでしょう。

公認心理師が心理的な支援を必要とする人々にとって、役立つ資格となるかはこれからです。

公認心理師とは?

公認心理師法の成立

  • 平成27年9月9日に公認心理師法が成立し、平成29年9月15日に施行

公認心理師の業務内容

  • 心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析
  • 心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助
  • 心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助
  • 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

医師の指示について

  • 臨床心理士は医師の指示を受けないが、公認心理師は医師の指示を受ける(ただし、条件つき)
公認心理師になるには3ステップ【期間、費用も解説】
公認心理師になるには3ステップ【期間、費用も解説】公認心理師になるには3ステップでなれます!公認心理師になるために掛かる期間、費用についても解説しています!...