【現役講師が解説】公認心理師現任者講習会はオンライン受講で決まり

【現役講師が解説】公認心理師現任者講習会はオンライン受講で決まり

公認心理師現任者講習会をオンライン受講しようか会場受講しようか迷っている人も多いのではないでしょうか?

第1回公認心理師試験から公認心理師試験対策講座を開いていて、ずっとオンラインで講義を行っているため、オンライン講義のメリット、デメリットについてはどちらも把握しています。

この記事を読むことでオンライン受講と会場受講のどちらが良いのか、その理由、さらにオンライン受講する際の実施団体の選び方が分かります。

公認心理師現任者講習会はオンライン受講した方が良い理由

公認心理師現任者講習会はオンライン受講した方が良い理由

結論から言うと、公認心理師現任者講習会はオンライン受講した方が良いです。

その理由を解説します。

新型コロナウイルスの感染リスクがない

オンライン受講の最も大きなメリットが、新型コロナウイルスの感染リスクがないことです。

むしろ新型コロナウイルスの感染リスク予防するためにオンライン受講が認められたので、当然と言えば当然ですね^^;

知らない人もいるかもしれませんが、これまでの現任者講習会はすべて会場受講のみでした。

しかし、令和2年度開催公認心理師現任者講習会からオンライン受講が認められています。

受講料が安い

令和2年度開催公認心理師現任者講習会の一覧から各実施団体のホームページを見てもらうと分かりますが、どの団体もオンライン受講の方が会場受講よりも10,000以上安いです。

去年までは会場受講で大体60,000円~70,000円ぐらいでした。

それが、オンライン受講ということで35,000円~55,000円ぐらいになっています。

講義内容が変わらないのであれば、安い方がありがたいですね。

移動時間、交通費が掛からない

オンライン受講であれば、会場までの移動時間と交通費が掛かりません。

現任者講習会は1日で終わるわけではないので、何日か移動時間、交通費が掛かります。

何日か連続して受講するためにホテルに宿泊する場合は、ホテルの宿泊費も掛かります。

ホテルに宿泊するとなると、それなりに大きな金額になってしまいます。

オンライン受講であれば、これらをすべて節約することができます。

いつでもどこでも何度でも復習できる

一般的なオンライン受講はリアルタイムで受講できるタイプ、あらかじめ録画した動画を視聴する動画視聴タイプ、その両方ができるタイプがあります。

現任者講習会は、リアルタイムと動画視聴が両方できるタイプと動画視聴のみのタイプになると思います。

どちらのタイプかは現任者講習会の各実施団体によって違いますが、基本的にこの2パターンだと思っています。

もしかしたらリアルタイム受講のみのタイプもあるかもしれません。

ちなみに、オンデマンド型の講義というのは動画視聴のみのタイプです。

いずれにしても動画視聴があれば、いつでもどこでも何度でも復習することができます。

自分の都合の良い時に視聴することができ、分からない部分を繰り返し視聴することもできます。

これはオンライン受講の大きな特徴ですね。

この機会にオンライン受講に慣れることができる

今後も新型コロナウイルスの影響により、いつ在宅勤務になってもおかしくありません。

また、これは公認心理師現任者講習会に限った話ではないのですが、世の中のさまざまな講義やセミナーがオンラインに移行しています。

つまり、これからオンラインでやり取りすることができるというのは当たり前のスキルになっていきます。

なので、現任者講習会を受講するこの機会にオンラインでのやり取り、特にリアルタイムでのやり取りに慣れておいた方が良いでしょう。

現任者講習会であれば仕事ではないので、何かしら操作ミス等しても問題ないです。

オンライン受講のデメリット

オンライン受講のデメリット

ここまでオンライン受講で受講した方が良い理由を解説しましたが、今度は逆にオンライン受講のデメリットについても解説します。

質問ができない

質問については、リアルタイムのオンライン受講と動画視聴のみのオンライン受講で質問方法が違ってきます。

まず、リアルタイムの場合はその場で質問することができます。

一方、動画視聴の場合は後日メールで相談のような形になると思います。

質問方法については、自分が受講を検討している実施団体に確認してみてください。

グループワークができない

これまでの現任者講習会では、事例についてグループでの話合いがありました。

いわゆるグループワークというやつですね。

そして、時々勘違いしている人がいるのですが、オンラインだとグループワークができないと思っている人がいます。

私はzoomというアプリを使用して公認心理師試験地策講座を実施しています。

zoomというアプリには「ブレークアウトルーム」というグループ分けできる機能があり、参加者を任意のグループに分けてグループワークを行うことができます。

なので、zoomを使用したリアルタイムのオンライン受講であればグループワークをすることは可能です。

一方、動画視聴のオンライン受講の場合はグループワークはできません。

他の受講生と知り合いになれない

第2回公認心理師試験対策講座の受講生の中には、現任者講習会で知り合った人に誘われて一緒にクリニックで仕事をしている人がいました。

そういうこともあるんだと感心したのを覚えています^^;

リアルタイムのオンライン受講の場合であれば、講義前とかに勇気を出して他の受講生に話しかければ知り合いになることは可能です。

なかなか勇気がいるかもしれませんが^^;

一方、動画視聴のオンライン受講の場合は他の受講生と知り合いになることはないです。

後で見ようと思ってなかなか動画を見ない

動画視聴のオンライン受講の場合は、いつでも見られるということが逆にデメリットになることがあります。

具体的には、いつでも見られるために人によっては後で見ようと思ってなかなか動画を見ないかもしれません

さすがに動画の視聴期限があるため期限までには見る人がほとんどだと思いますが、人によっては現任者講習会に申し込んだものの修了できなかったなんてことになる人もいるかもしれません^^;

一方、リアルタイムのオンライン受講の場合は、その時刻に参加する必要があります。

オンライン受講の中でも1番のおススメはリアルタイム受講と動画視聴の両方が可能なところ

オンライン受講の中でも1番のおススメはリアルタイム受講

ここまでオンライン受講した方が良い理由やオンライン受講のデメリットについて解説しました。

これまで解説したようにオンライン受講のメリットは大きいですが、動画視聴のみのタイプだとデメリットもあります。

なので、結論としてはリアルタイムで受講できて後から動画視聴もできるタイプの現任者講習会が1番おススメです。

オンライン受講と会場受講について優先順位をつけるとしたら次の通りです。

  1. リアルタイム受講と動画視聴の両方が可能
  2. リアルタイム受講のみ
  3. 動画視聴(オンデマンド方式)のみ
  4. 会場受講

リアルタイム受講のみと動画視聴(オンデマンド方式)のみは正直、優先順位がつけにくいですね。

現時点でリアルタイム受講と動画視聴の両方ができる現任者講習会があるのかは分かりせん。

現任者講習会の各実施団体のオンライン受講がどのような形で行われるのかはそれぞれのホームページを見れば分かると思います。

もし、ホームページを見ても分からなければ実施団体に問い合わせてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

まとめると

公認心理師現任者講習会はオンライン受講が良い理由

  • 新型コロナウイルスの感染リスクがない
  • 受講料が安い
  • 移動時間、交通費が掛からない
  • いつでもどこでも何度でも復習できる
  • この機会にオンライン受講に慣れることができる

オンライン受講のデメリット

  • 質問ができない(動画視聴のみの場合)
  • グループワークができない(動画視聴のみの場合)
  • 他の受講生と知り合いになれない(動画視聴のみの場合)
  • 後で見ようと思ってなかなか動画を見ない(動画視聴のみの場合)

公認心理師現任者講習会はオンライン受講した方が絶対に良いです。

その中でもリアルタイム受講と動画視聴が両方できるところが1番おススメです。

【比較】公認心理師と臨床心理士の違いについて考えてみた件

【比較】公認心理師と臨床心理士の違いについて考えてみた件

公認心理師と臨床心理士の違いを知りたい人も多いのではないでしょうか?

公認心理師や臨床心理士には求められているものを含めさまざまな違いがあります。

この記事を読むことで公認心理師と臨床心理士の違いが分かります。

公認心理師と臨床心理士の主な違いは3つ

公認心理師と臨床心理士の主な違いは3つ

業務内容の違い

公認心理師と臨床心理士では、想定されている業務内容が違います。

公認心理師に想定されている業務内容は次の通りです。

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保険医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。

(1)心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果の分析

(2)心理に関する支援を要する者に対する、その心理に関する相談及び助言、指導その他の援助

(3)心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助

(4)心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供

厚生労働省:公認心理師

臨床心理士に想定されている業務内容は次の通りです。

①臨床心理査定

②臨床心理面接

③臨床心理的地域援助

④上記①~③に関する調査・研究

日本臨床心理士資格認定協会:臨床心理士の専門業務

公認心理師と臨床心理士の業務内容の主な違いは、(4)と④の部分です。

公認心理師は広く国民に向けて心の健康に関する教育や情報の提供が求められています。

一方、臨床心理士は査定、面接、地域援助に関する調査や研究となっています。

支援が必要な人だけではなく一般の人へ向けても活動する公認心理師と研究にも重きを置いている臨床心理士の違いが見えます。

国家資格と民間資格の違い

公認心理師資格は国家資格ですが、臨床心理士資格は民間資格です。

公認心理師資格は、日本初の心理学の国家資格になります。

一方、臨床心理士資格は臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格になります。

資格取得までのカリキュラムの違い

2020年7月25日現在、公認心理師は移行期間中です。

公認心理師は、2022年までは移行期間として条件付きで現任者に受験資格が認められています。

そのため、ここでは移行期間終了後の公認心理師になるメインルートについてお話しします。

移行期間終了後、公認心理師になるには大学卒業+大学院修了がメインルートになります。

つまり、公認心理師のカリキュラムに沿った大学卒業、公認心理師のカリキュラムに沿った大学院修了が必要になります。

一方、臨床心理士になるには大学院修了が必要になります。

こちらもどの大学院でも良いわけではなく、臨床心理士の指定大学院(第1種指定大学院、第2種指定大学院、専門職大学院)を修了する必要があります。

第1種指定大学院は修了後すぐに臨床心理士試験を受験することができます。

第2種指定大学院は修了後1年の実務経験を経て臨床心理士試験を受験することができます。

専門職大学院は修了後すぐに臨床心理士試験を受験することができ、臨床心理士試験で論述試験が免除されます。

ただし、臨床心理士の場合、大学は心理学部を卒業している必要はなく、どの学部卒でも指定大学院を修了していいればOKです。

公認心理師と臨床心理士の試験の違い

公認心理師と臨床心理士の試験の違い

ここでは、公認心理師と臨床心理士の試験の違いについて解説します。

公認心理師は筆記試験、臨床心理士は筆記試験と面接がある

公認心理師試験は、マークシートの筆記試験のみです。

一方、臨床心理士試験は一次試験としてマークシートの筆記試験、論述試験が行われ、一次試験合格者を対象に二次試験として面接が行われます。

公認心理師と臨床心理士の合格率の違い

公認心理師と臨床心理士の合格率は、次の通りです。

公認心理師試験と臨床心理士試験の合格率

公認心理師試験がはじまったのが2018年なので、まだ2回分しかデータがありません。

臨床心理士試験の方は約30年の歴史がありますが、ここ最近はずっと60%ぐらいです。

また、現在、公認心理師試験は移行期間中で合格率が激しく動いています^^;

第1回公認心理師試験の合格率の詳細については【予測】公認心理師の合格率は今後下がり続けるという話で解説しています。

第2回公認心理師試験の合格率の詳細については【2019年】第2回公認心理師試験の合格率から分かることで解説しています。

今後、公認心理師と臨床心理士に期待されていることの違い

今後、公認心理師と臨床心理士に期待されていることの違い

今後、私が思う公認心理師と臨床心理士に期待されていることについて解説します。

公認心理師に期待されるのは多職種連携

公認心理師に期待されるのは、何と言っても多職種連携だと思います。

公認心理師は保健医療、福祉、教育、司法、産業の5分野で活躍することが期待されています。

そして、どの分野にも多職種が存在します。

例えば、保健医療であれば、医師、看護師、精神保健福祉士、薬剤師などです。

公認心理師はこのような専門性の異なる他職種の人達と上手くコミュニケーションを取りながら仕事を進めていくことが求められます。

一言で言うと、調整役のような役割が期待されていると考えています。

これは、本来であれば臨床心理士に期待されていた役割なのかもしれません。

ただし、臨床心理士がその期待に応えきれていないという現状があります。

そういう背景からも、公認心理師に期待されるのは多職種連携だと考えています。

臨床心理士に期待されるのは個別カウンセリングや研究成果

臨床心理士に求められるのは、より深い専門性だと考えています。

例えば、50分の個別カウンセリングですとか研究成果などです。

先程5分野の話をしましたが、それとは別に開業があると考えています。

この開業については、特に臨床心理士に期待される部分なのではないかと考えています。

なぜなら、開業は個別カウンセリングなどの専門性が必要になるからです。

また、研究については公認心理師の業務内容には含まれていないため、臨床心理士に期待されている役割だと考えています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

公認心理師と臨床心理士の主な3つの違い、試験内容の違い、さらに期待されていることの違いについて解説しました。

まとめると

公認心理師と臨床心理士の主な3つの違い

  • 公認心理師には広く一般の人に向けての業務があり、臨床心理士には調査・研究がある
  • 公認心理師は国家資格、臨床心理士は民間資格
  • 公認心理師になるためには大学卒業と大学院修了が必要で、臨床心理士になるには大学院修了が必要

公認心理師と臨床心理士の試験内容の違い

  • 公認心理師はマークシートの筆記試験がある
  • 臨床心理士は一次試験としてマークシートの筆記試験と論述試験があり、二次試験として面接試験がある

今後、公認心理師と臨床心理士に期待されることの違い

  • 公認心理師に期待されているのは多職種連携
  • 臨床心理士に期待されているのは個別カウンセリングや研究成果

上手く棲み分けができると良いのですが、今後に要注目ですね。