【きっとこうなる】公認心理師の診療報酬の現在と未来についての話

【きっとこうなる】公認心理師の診療報酬の現在と未来についての話

公認心理師ができたことによって、カウンセリングが保険適用になることを期待している人もいるかもしれません。

この記事を読むことで、現在、公認心理師を含む心理職の診療報酬がどうなっているのかが分かります。

また、今後どうなっていくのかも説明しています。

現在、診療報酬上の心理職は公認心理師

現在、診療報酬上の心理職は公認心理師

公認心理師の診療報酬については、厚生労働省の中央社会保険医療協議会 (中央社会保険医療協議会総会)に資料があります。

第378回の「資料」をクリックした次のページに「個別事項(その7)について」とあり、総-3(PDF:1,984KB)という資料があります。

この資料の20ページから24ページまで公認心理師についての記載があります。

重要な部分を抜き出すと21ページに臨床心理技術者に関連する主な診療報酬上の評価があります。

臨床心理技術者に関連する主な診療報酬上の評価

上記4点が、臨床心理技術者の診療報酬上の評価となります。

そして、22ページに「平成30年度以降の診療報酬上の公認心理師の取扱い(案)」があります。

平成30年度以降の診療報酬上の公認心理師の取扱い(案)

ポイントをまとめると次の通りです。

  • 平成30年4月以降、診療報酬上の心理職の範囲を「公認心理師」に統一します。
  • 平成30年度については、従来の臨床心理技術者に該当する者を公認心理師とみなします。
  • 平成31年4月以降は、平成31年3月末まで従事していた臨床心理技術者と公認心理師の受験資格保有者を公認心理師とみなします。

つまり、2020(令和2)年8月3日現在は次の通りになります。

2020年8月3日現在の診療報酬上の心理職の範囲は、公認心理師、公認心理師の受験資格保有者、平成31年3月末まで従事していた臨床心理技術者の3者になります。

さらに、厚生労働省の令和2年度診療報酬改定説明資料等について08 令和2年度診療報酬改定の概要(精神医療)【1557KB】という資料があります。

この資料の17ページに公認心理師についての記載があります。

令和2年度診療報酬改定

この資料によると、小児特定疾患カウンセリング料について公認心理師が実施する場合の評価が新設されています。

公認心理師が20分以上のカウンセリングを行った場合に200点となっています。

これに先程の4点を加えた5点が、公認心理師が診療報酬に関わる部分となります。

今後、診療報酬上の心理職は公認心理師有資格者のみとなる

今後、診療報酬上の心理職は公認心理師有資格者のみとなる

では、今後はどうなっていくのでしょうか?

これから新たに医療機関で働く場合、公認心理師有資格者と公認心理師の受験資格を持つ人が応募要件や採用条件になる可能性があります。

そして、現在は公認心理師が一定程度養成されるまでの経過措置中です。

経過措置の期間が終われば、公認心理師とみなすという条件はなくなると考えています。

つまり、平成31年3月末まで従事していた臨床心理技術者や公認心理師の受験資格を持つ人は診療報酬の対象から外れ、公認心理師有資格者のみが診療報酬の対象になると考えています。

あくまで予測ですが、診療報酬の経過措置が終了するのは公認心理師の受験資格の経過措置が終了するのと同じタイミングの2022年になるのではないかと考えています。

公認心理師の受験資格については【完全】公認心理師の受験資格8パターン全てを分かりやすく解説で解説しています。

公認心理師のカウンセリングが診療報酬の対象となる日は遠い

公認心理師のカウンセリングが診療報酬の対象となる日は遠い

では、小児特定疾患カウンセリング以外のカウンセリングが保険適用になる日は来るのでしょうか?

公認心理師が行う全てのカウンセリングが診療報酬の対象になった日には病院、公認心理師、クライエントそれぞれにメリットがあります。

まず、クライエントは安い料金でカウンセリングを受けることができるようになります。

病院にとってはカウンセリングを公認心理師に任せることができるため、医師の負担を減らすことができ、診療報酬を受け取ることができます。

公認心理師にとっては雇用の機会が増え、給与などの待遇の改善が期待できるようになります。

また、カウンセリングが保険適用になれば多くの公認心理師が開業しやすくなります。

しかし、診療報酬分の財源が必要になります。

全てのカウンセリングが保険適用されることを望んでいますが、医療費が増加していることもあり、現時点では正直厳しいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

現在の公認心理師を含む心理職の診療報酬、今後の診療報酬がどうなっていくか、公認心理師のカウンセリングが診療報酬の対象になる日について解説しました。

まとめると

公認心理師の診療報酬

現在、診療報酬上の心理職は公認心理師

  • ただし、下記の者を公認心理師とみなす
  • 平成31年3月まで医療保険機関で従事していた臨床心理技術者を公認心理師とみなす
  • 平成31年4月以降新たに臨床心理技術者として従事する者のうち、公認心理師の受験資格を有する者を公認心理師とみなす

今後、診療報酬上の心理職は公認心理師有資格者のみとなる

公認心理師のカウンセリングが診療報酬の対象となる日は遠い

今後も診療報酬については要注目ですね。

【予見】公認心理師の将来性について考えてみた件

【予見】公認心理師の将来性について考えてみた件

公認心理師の将来性について知りたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

公認心理師に将来性があるのなら、目指してみたいと思う人もいるかもしれませんね。

この記事を読むことで公認心理師の将来性、活躍が期待される場所が分かります。

公認心理師には将来性がある

公認心理師には将来性がある

結論から言うと、公認心理師には将来性があります。

その理由を説明します。

心理職初の国家資格

公認心理師は、日本初の心理職の国家資格です。

公認心理師については【公認心理師とは?】心理職初の国家資格をご紹介しますで解説しています。

やっぱり、国家資格というのが大きいですね。

民間資格ではなく国家資格ということで、信頼されます。

考えてみてください。

国家資格を持っているカウンセラーとあまり聞いたことのない民間資格を持っているカウンセラーがいた場合、どちらのカウンセリングを受けたいと思いますか?

国家資格を持っているカウンセラーを選ぶ人が、圧倒的に多いはずです。

診療報酬の対象

これは保健医療分野の話ですが、公認心理師の業務の一部が診療報酬の対象となります。

公認心理師の診療報酬については【きっとこうなる】公認心理師の診療報酬の現在と未来についての話で解説しています。

現在は公認心理師以外にも診療報酬を認めていますが、いずれ公認心理師のみに統一されるでしょう。

公認心理師の業務の一部が診療報酬の対象となるということは、今後、病院などで公認心理師のニーズが高まるということです。

あらゆる分野で求められる

公認心理師の活躍が期待される分野として、先ほど挙げた保健医療分野以外に福祉、教育、司法・犯罪、産業・労働などがあります。

まず、診療報酬の関係から保健医療分野で公認心理師が求められるようになります。

それから、スクールカウンセラーなどの教育分野や行政機関でも公認心理師が求めらえるようになります。

保健医療分野、教育分野、行政機関からはじまり、次第に社会に認識されていくと思われます。

そうなっていくと、世間でカウンセラーと言えば公認心理師と言われるようになり、その他の分野でも公認心理師が求められるようになっていくと考えられます。

公認心理師の活躍が期待される場所

公認心理師の活躍が期待される場所

ここでは、公認心理師の活躍が期待される場所について説明します。

病院

ここまで説明したように病院やクリニックなどの保健医療分野では、公認心理師資格を持っていることが採用の条件となります。

そのため、病院やクリニックで勤務する場合、公認心理師資格を持っていることは必須条件になります。

学校

学校のスクールカウンセラーは、公認心理師資格を持っていることが採用の条件となります。

また、その他の公的機関でも公認心理師資格を持っていることが採用の条件になるでしょう。

そのため、学校のスクールカウンセラーや行政機関などで働く場合、公認心理師資格を持っていることは必須条件になります。

その他の分野

先ほど話したように、最初に公認心理師資格が求められるのは病院や公的機関でしょう。

しかし、そこから社会に公認心理師が認識されていくと、他の分野でも公認心理師資格を持っている人が求められるようになります。

そのため、将来的にはあらゆる分野で公認心理師資格を持っていないと採用や転職の際に不利になるでしょう。

開業

社会に公認心理師が認識されれば、クライエントはカウンセリングを受ける際に公認心理師のところに行くようになります。

そのため、開業しているカウンセラーも公認心理師資格を持っていることが求められます。

ただし、最も信頼されるのは公認心理師と臨床心理士のダブルライセンス

ただし、最も信頼されるのは公認心理師と臨床心理士のダブルライセンス

ここまで公認心理師の活躍が期待できる場所について説明しました。

多くの分野で、公認心理師が求められるでしょう。

現在は、公認心理師の受験資格に特例措置が設けられています。

現任者(区分G)に特例措置が設けられているのは、2022年までです。

公認心理師の受験資格については【完全】公認心理師の受験資格8パターン全てを分かりやすく解説で解説しています。

現任者(区分G)の場合、大学や大学院を出ている必要はありません。

そのため、公認心理師の質が担保されていないのではないかとの指摘があります。

一方、心理職の有名な資格として臨床心理士があります。

臨床心理士は大学院を修了する必要がありますが、民間資格です。

臨床心理士については【結論】公認心理師と臨床心理士のどちらを目指すべきかお答えしますで解説しています。

公認心理師の質が担保できず社会的にイメージがあまり良くない場合、相対的に臨床心理士の価値が上がることも考えられます。

しばらくの間、心理職は公認心理師であることが最低条件となり、公認心理師と臨床心理士のダブルライセンスを持っている人が最も信頼されるでしょう。

ただし、2023年からは公認心理師になるメインルート(区分A)は、大学卒業に加え大学院修了が条件となります。

現行のままだと臨床心理士は、大学は心理学部を卒業している必要がなく大学院修了のみが条件です。

そのため、2023年時点で公認心理師の評価がどうなっているかが重要です。

公認心理師の評価が高ければ、公認心理師が最も信頼されるでしょう。

しかし、特例措置がある期間に十分な知識やスキルを持っていない公認心理師が多く誕生している場合は、臨床心理士の方が信頼されるかもしれません。

ただ、どちらの場合でも公認心理師に加え臨床心理士も持っているダブルライセンスの人が最も信頼されるのは変わらないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

公認心理師の将来性、活躍が期待される場所について解説しました。

まとめると

公認心理師の将来性

公認心理師には将来性がある

  • 心理職初の国家資格
  • 診療報酬の対象
  • あらゆる分野で求められる

公認心理師の活躍が期待される場所

  • 病院
  • 学校
  • その他の分野
  • 開業

ただし、最も信頼されるのは公認心理師と臨床心理士のダブルライセンス

しばらくはどうなるのか目が離せませんね。

【必須】公認心理師の情報収集にはツイッターが便利【使い方注意】

【必須】公認心理師の情報収集にはツイッターが便利【使い方注意】

公認心理師の情報収集をしたいと思っている人も多いのではないでしょうか?

例えば、公認心理師現任者講習は早い者勝ちで席が埋まってしまいますので、いち早く最新情報を知っていることが重要です。

ツイッターを使っていれば、そのような最新情報を知らずに損をすることもありません。

この記事を読むことで公認心理師の情報収集にツイッターが便利であること、ツイッターを使って情報収集する方法、そして、その際の注意点が分かります。

公認心理師の情報収集にはツイッターが便利

公認心理師の情報収集にはtwitterが便利

公認心理師の情報収集にツイッターが便利であることを解説します。

公認心理師の最新情報を取得できる

公認心理師の情報収集には、ツイッターが便利です。

LINE、Facebook、Instagramなど色々なSNSがありますが、公認心理師の情報収集にはツイッターが1番おススメです。

ツイッターでは、公認心理師についての最新情報がたくさん発信されています。

私もツイッターで公認心理師に関する情報を発信しています。

こちらは延期された第3回公認心理師試験の試験日が決定された時のツイートです。

こちらは現任者講習会についてのツイートです。

そして、下記はその実施団体のツイートです。

こちらの実施団体では2020年7月22日(水)18時から募集開始ですね。

これらの情報を知っていれば、試験勉強で出遅れたり現任者講習会の申込みの機会を逃すことはありませんね。

このように公認心理師の最新情報をどれだけ早く知っているかが重要です。

そして、ツイッターを使えば公認心理師の最新情報を入手できます。

ツイッターアカウントは簡単に作成できる

普段、ツイッターを使わない人にとってはアカウントを作成するのに抵抗があるかもしれません。

ただ、ツイッターはメールアドレスさえあれば簡単にアカウントを作成することができます。

ツイッターで公認心理師の情報収集する方法

twitterを使って公認心理師の情報を入手する方法

ツイッターを使って公認心理師の最新情報を入手する方法について解説します。

ツイッターアカウントを作成する

ツイッターを利用するには、アカウントを作成する必要があります。

そして、ツイッターのアカウント作成にはメールアドレスが必要です。

すでにメールアドレスを持っている人はそれを使えますし、持っていなければgmailなどフリーのメールアドレスを作りましょう。

gmailアドレスを作成したら、ツイッターアカウントを作成しましょう。

ツイッターで「公認心理師」と検索する

ツイッターのアカウントを作成したら、公認心理師の情報を検索します。

ツイッターには、キーワード検索という機能があります。

「公認心理師」でキーワード検索をすると、公認心理師という単語を含んだツイートの一覧が表示されます。

ツイートとは「つぶやき」という意味で、twitterアカウントを持っている人がツイートすることで情報発信します。

「公認心理師」でキーワード検索することで、公認心理師に関する情報を検索することができます。

具体的な手順については、下記の通りです。

「公認心理師」で検索
「公認心理師」を含むツイートだけが表示される

ツイッターで公認心理師の情報収集する際の注意点

twitterを使って公認心理師の情報を入手する際の注意点

ここまでツイッターで公認心理師の情報収集をする方法を解説しましたが、情報収集する際の注意点についても解説したいと思います。

ツイッターの情報を鵜呑みにしない

これはツイッターに限ったことではないのですが、情報を鵜呑みにしないことです。

理由は、誤った情報が含まれていることがあるからです。

例えば、2017年12月頃に色々な噂がありました。

まだ、はじめての公認心理師現任者講習会が開催される前の話です。

具体的には、現任者講習会テキストの代金が3万円になるとか、5万円になるとか、7万円になるという噂です。

発売された現任者講習会テキストの代金は、4,100円でした。

また、第1回公認心理師試験の受験者数についてもさまざまな噂がありました。

まだ日本心理研修センターから受験者数が発表される前の話です。

具体的には受験者数が5万人とか、6万人とか、7万人とかいう噂です。

実際の受験者数は約3万6000人でした。

こちらについては、日本心理研修センターのホームページから確認することができます。

他にも現任者講習会の講師の発言から、人体の骨の数が試験に出題されるという噂がありました(^^;

これらの噂について、1つぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?

全て聞いたことがある人もいるかもしれません。

そして、結果はすべてウソでした(^^;

つまり、噂などの情報を鵜呑みにしてはいけないということです。

当時は第1回公認心理師試験に向けて、全てがはじめての状況でした。

そのため、不安から噂が独り歩きしたものと思われます。

また、情報というのは発信者の意図が含まれいることも多いです。

ツイッターで情報収集して自分の頭で考える

では噂などの誤った情報に振り回されないためには、どうすれば良いのでしょうか?

それは、その情報は本当に正しいのかを自分の頭で考えることです。

その際、特に重要なのはきちんと根拠を確認することです。

例えば先程の現任者講習会テキストの代金は、日本心理研修センターに問い合わせて正しいテキスト代金を知ることができていました。

この後、上記の情報はどこで知ったのですかというリプがあり、それに対する私の返信が下記の通りです。

このように、情報は一次情報に当たって確認すべきです。

一方、きちんとした根拠が確認できない情報を信じるのはやめた方が良いです。

例えば、何処からともなく流れてきた情報とか、周りの〇〇さんが言っていたというような情報(二次情報)はきちんとした根拠が確認できていないため、要注意です。

今後も試験についてさまざまな噂が流れるかもしれません。

そんな時に重要なことは、根拠のない噂に流されずに自分の頭で考えることです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

公認心理師の情報収集にツイッターが便利であること、ツイッターを使って情報収集する方法、その際の注意点について解説しました。

まとめると

公認心理師の情報収集ツールとしてツイッター

公認心理師の情報収集にはツイッターが便利

ツイッターで公認心理師の情報を収集する方法はキーワード検索で「公認心理師」と検索

ツイッターで情報収集する際の注意点は情報を鵜呑みにせず自分の頭で考えること

公認心理師の情報収集にツイッターを使っていれば、知らなくて損をしたということにはならないはずです。

【最新】公認心理師の最新情報はこれだけ見ればOK【まとめてみた】

【最新】公認心理師の最新情報はこれだけ見ればOK【まとめてみた】

公認心理師の最新情報を入手したいと思っている人も多いのではないでしょうか?

現任者講習会の予約は早い者勝ちで席が埋まるなど、情報を持っていないと損をします。

この記事を読むことで公認心理師の最新情報の入手方法、公認心理師に関するイベントスケジュールとその時にどのホームページを見れば良いのかが分かります。

公認心理師の最新情報を入手できるホームページ

公認心理師の最新情報を入手できるホームページ

まず、公認心理師の最新情報を入手できるホームページを紹介します。

厚生労働省:公認心理師

厚生労働省:公認心理師

最初に紹介するのは、厚生労働省のホームページです。

公認心理師は、厚生労働省と文部科学省の共同管轄です。

そして、公認心理師法の原文はここにしかありません。

公認心理師法で分からないことがあれば、原文を読んで解決することもあると思います。

それにしても、原文を読むのは骨が折れます(^^;

厚生労働省:令和2年度開催公認心理師現任者講習会

厚生労働省:令和2年度開催公認心理師現任者講習会

これは現任者に関係する話なのですが、公認心理師現任者講習会については団体が厚生労働省に申請し、厚生労働省が実施団体を指定しています。

上記URLから令和2年度開催公認心理師現任者講習会に関する情報を入手することができます。

具体的には、厚生労働省に申請中の団体一覧と厚生労働省が指定した実施団体一覧を見ることができます。

団体が申請を行うと「現在申請中の団体一覧(申請順)」に追記され、団体が指定されると「講習会の実施団体一覧(指定順)」に移動するはずです。

現任者講習会は一定期間申し込みを受け付けた後に抽選という形を取っているところが多いため、期間内に申し込むことをおススメします。

現任者講習会を受講予定の方は、こちらのホームページをこまめにチェックしましょう。

一般財団法人日本心理研修センター:お知らせ

一般財団法人日本心理研修センター:お知らせ

一般財団法人日本心理研修センターは、公認心理師の資格試験を運営する機関です。

公認心理師についてのQ&Aもあり、分からないことがあった時にも便利です。

基本的に公認心理師に関する情報は、この日本心理研修センターのホームページに掲載されます。

最新情報はトップページに掲載されますので、ここをチェックしておきましょう。

公認心理師の最新情報を入手できるブログ

公認心理師の最新情報を入手できるブログ

次に、公認心理師の最新情報を入手できるブログ紹介します。

niagari.net

niagari.net:公認心理師

凛子さんが運営されているブログです。

こちらでは第1回公認心理師試験、第1回公認心理師試験(追加試験)、第2回公認心理師試験とすべての問題をクイズ形式で解くことができます。

また、実際に事例問題を解いた上での感想やチェックポイントがあり、これから受験する人の参考になると思います。

お出かけ、グルメ、ダイエットについても書かれているので、勉強に疲れた時の息抜きにもなり、おススメです。

Psychology+

Psychology+:ブログ

すみません、当サイトのブログです(^^;

公認心理師に関する記事をたくさん書いていきたいと思っています。

なるべく更新していきたいと思っているので、よろしくお願いいたします(^^;

公認心理師の最新情報を入手できるSNS

ホームページ、ブログ以外に公認心理師の最新情報が流れてくるのが、SNSです。

厚生労働省や日本心理研修センターのホームページで最新情報が発表された後、すぐに誰かがSNSでその最新情報を発信しています。

そのため、ホームページやブログだけでなくSNSもチェックしましょう。

SNSの中でもおススメは、ツイッターです。

公認心理師の最新情報をツイッターで入手する方法については【必須】公認心理師の情報収集にはツイッターが便利【使い方注意】で解説しています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

公認心理師の最新情報を入手できるホームページ、ブログ、SNSを解説しました。

まとめると

公認心理師の最新情報

公認心理師の最新情報を入手できるホームページ

  • 厚生労働省:公認心理師
  • 厚生労働省:令和2年度開催公認心理師現任者講習会
  • 一般財団法人日本心理研修センター:お知らせ

公認心理師の最新情報を入手できるブログ

  • niagari.net:公認心理師
  • Psychology+:ブログ

公認心理師の最新情報を入手できるSNSはツイッター

少なくともここで紹介したホームページを抑えておけば、知らなくて損することはないはずです。